Mission

私たち雪印ビーンスタークは、
赤ちゃんやお母さんをはじめ、
家族の健康といききしたくらしを
サポートする会社です。

雪印ビーンスタークの想い 雪印ビーンスタークのこだわり

だから
私たち雪印ビーンスタークは
様々なこだわりを持って商品を
お客様にお届けしています。

研究開発 母乳を目指して 〜70年以上にわたる母乳研究のこだわり〜

“すこやかに育ってほしい”

ご家族のみなさまの願いです。
私たちは70年以上にわたる研究の成果を活かし、
母乳を目指したミルクをお届けすることで、
その願いを応援します。

研究開発

私たち雪印ビーンスターク蠅蓮∩或箸任△訐祕乳業蟷代から、3回にわたる全国母乳調査をはじめ、妊産婦の方々や離乳期の赤ちゃんの食事の調査、赤ちゃんのうんちの調査など、様々な角度から研究を行っています。

また、母乳に存在しない成分は入れない、というこだわりのもと、雪印ビーンスタークの乳児用調製乳には、母乳に含まれていないレシチンやデキストリン、でんぷん分解物、でんぷん糖化物は使用していません。

このこだわりは、1978年にいち早く開発した、ショ糖や可溶性多糖類が添加されていない乳児用調製粉乳にまでさかのぼります。

最新の調査・研究に基づく、母乳を目指した商品をみなさまにお届けすること、それが雪印ビーンスタークの研究開発へのこだわりです。

安心・安全 使い切るまでの安心を 日本で唯一 缶側面を抗菌加工

粉ミルクの缶は、

調乳するときはもちろん、使い切るまでにいろいろな方の手に触れます。
赤ちゃんが飲むものだから、より安心できるものを届けたい。
そのような想いから、
ビーンスタークの粉ミルク「すこやかM1」は
缶の側面を抗菌加工しています。

2005年、より安心してお使いいただける商品をお届けするために、缶側面の抗菌加工をはじめました。缶の側面塗料に銀イオンを練り込むことで、缶側面に付着した菌の増殖を抑えることができます。

抗菌

使用している抗菌剤は銀イオンを含む無機系の抗菌剤で、「食品容器包材」「医薬部外品」「カテーテルなどの医療器具」など、幅広い実績を持つもので、厳しい安全性が問われる米国食品医薬品局(FDA)、米国環境保護庁(EPA)、米国民間水道水関連部材認定機関(NSF)の認可を取得しています。また、抗菌製品技術協議会から品質の認証を得ています。

進捗

缶側面に抗菌加工を施しているのは、雪印ビーンスタークだけ。お使いいただくみなさまに、成分はもちろん、お使いいただくシーンを想定した衛生面でも安心していただける商品をお届けすること、それが雪印ビーンスタークの安心・安全へのこだわりです。

品質 赤ちゃんが口にするものをつくる、それは命をあずかるということ
厳しい目で安全を追求

粉ミルクは、

公正労働省を消費庁がそれぞれ基準を設定している特別な食品。
通常の食品以上に高い基準で「安心・安全」が求められます。

「安心・安全」に近道はありません。決められたルールを一つ一つ堅守し、基本を忠実に積み重ねる、その繰り返しです。
わたしたちは常に、“この製品を自分の赤ちゃんに、自信を持って安心して食べさせられるか”と考えて生産に取り組んでいます。
これからも、厳しい目で安全性を追求し、「安心・安全」でおいしい製品を、お届けします。

「“原材料”と“プロセス”で“品質”を作り込む」これは、《良質な原材料を使い、決められた基準通りに正しいプロセスで製造すれば、
間違いなく正しい製品ができる》という雪印ビーンスタークの考え方。この考え方に則り、製品づくりを行っています。

安心・安全な製品づくりのためのこだわりをご紹介します。

国際規格

雪印ビーンスターク群馬工場は、1995年に、日本の粉ミルクメーカーで初めて、品質マネジメントシステムに関する国際規格であるISO9002を取得した工場です。2020年8月には衛生管理基準などを定めた食品安全リスクマネジメント規格FSSC22000の認証を取得。国際的なルールに従って、みなさまに安全な食品をお届けしております。

原材料の基準
「不良品を受け取らない、作らない、出荷しない」 これが雪印ビーンスタークの製品づくりの原則です。

そのために、原材料には「そこまで?」と言われるほどこだわり抜きます。選定から使用前のチェックまで、安心・安全な製品をお届けするために、開発・生産・品質管理の3部門が一体となって、安全性を第一に取り組んでいます。
原材料の基準
  • 赤ちゃんにとって意義と安全性が明らかにされているものだけ

    雪印ビーンスタークには、開発・生産・品質保証の3部門のうち、1つでも「NO」と言ったら商品化しないというルールがあります。商品の開発段階から安全性の検討が行われています。
    各部門のプロフェッショナルが品質について納得してはじめて、その原材料を取り扱える仕組みが構築されているのです。

  • 厳格な独自の規定に合格したものだけを受け入れる

    「安心・安全」な製品のために、原材料には厳しい規定を設けています。原材料の1つ1つすべてが、食品衛生法を満たすことはもちろんのこと、さらに厳しい雪印ビーンスターク独自の規格書を策定し、規格に適合したものだけを「原材料」として認めています。缶や包材、段ボールに至るまで「規格」が定められており、厳格なチェックのもと受け入れています。

  • 原材料の「在庫」は作らない

    原材料の保管期間が短いほど、「安心・安全な製品」作りにつながると考えています。そのため、生産量に合わせて原材料がタイムリーに納入されるよう、購買先様と細かな調整を図っています。

衛生管理のルール
工場内が清潔に保たれるよう、入場する際の身だしなみや手洗いなどについて、細かなルールが徹底されています。

また、工場内の設備や床、食堂の食器などの微生物検査も行い、常に異常がないかチェックを行っています。
衛生管理のルール
  • 外気を直接入れない二重の扉

    工場の入り口は複数のドアで区切られ、外気が直接工場内に入らないよう、中の扉が開いている時は手前の扉が開かない仕組みになっています。

  • 専用の作業服・帽子・靴

    専用の作業服に着替えます。髪の毛が落ちないよう、髪の毛全体をすっぽりネットで覆い、さらに帽子を被ります。作業服は、内側に体毛落下防止のための専用インナーがついています。

  • 入口で気持ちを切り替える

    工場の入り口には、気持ちを切り替えるための境界となる台が設けられています。足を掛けず、お尻だけで体を回転させて入ります。「ここからは工場内。衛生管理に十分気を付けよう」と気持ちを新たにします。

  • 手洗いとアルコール消毒

    しっかりと30秒かけて手洗いを行います。仕上げにはアルコール消毒用の自動噴霧器で殺菌します。

  • 鏡の前で全身をチェック

    鏡で全身をチェックしながら、作業服に粘着ローラーをかけ、細かいほこりや毛髪などを除去します。

  • 秒速25メートルのエアシャワー

    最後に、秒速25メートルの強力なエアシャワーを10秒浴びて、細かなほこりなどを吹き飛ばします。

  • 高度清浄エリア専用の防塵服

    「検缶室」(殺菌が終わった粉ミルクの缶の最終チェック)、「充填室」(缶に粉ミルクを充填する)など、工場内で最も高度な衛生が求められるエリアは、入口が区切られ、専用の「防塵服」を装着しないと入れません。防塵服はほこりが付着せず、糸ゴミがでない素材で作られています。帽子は頭巾状になっており、裾を服の中に入れます。細菌をほぼ100%カットする専用のマスクをその上から装着します。

品質管理の徹底
原材料や製品を検査する「品質管理室」は、工場の生産ラインから独立した、本社の品質保証部の直轄部門です。

独立した検査部門として、原材料受入れから製品出荷まで全ての工程に目を光らせています。

品質検査については、作り手本位の検査にならないよう、お客さまの使い方に合わせたテストも盛り込むなど、お客さまの「使いやすさ」も品質と考えています。

品質管理の徹底

粉ミルクの製造においては、FSSC22000の仕組みで工程を管理しています。さらに原材料、缶に充填する前の中間製品、最終製品と3回にわたって、厳しい検査を実施し、合格したものだけを出荷しています。

最終製品の検査

最終製品の検査

すべては「安心・安全」な製品をお届けするために。

想い 大切なお子さまへ
私たちの想い「すこやかな1000日」

いのちを授かってから

2歳までの1000日間は、赤ちゃんとご家族にとってかけがいのない期間です。
大切なお子さまの生涯の健康に深く関わると言われているこの期間に、
商品やサービス、活動を通じてすこやかな成長に寄り添う会社でありたい。
「すこやかな1000 日」には、雪印ビーンスタークの
そのような想いが込められています。

商品ラインナップに込められた想い
お母さまが赤ちゃんをお腹に授かってから、出産を経て、お子さまが2歳になるまでの1000日間。 お子さまの成長に合わせて、すこやかな成長を一緒に応援します。
商品ラインナップに込められた想い

雪印ビーンスタークの商品は、この1000日に寄り添います。

日数

サポート 一人一人に寄り添った育児サポート

日々の育児の中では、

様々な悩みや心配事があるかと思います。
雪印ビーンスタークでは、
全国約400名の栄養士がお一人お一人に寄り添い、
顔が見える活動を心がけています。

また、育児応援サイト「まめコミ」では、専門の栄養士が電話やメールでご家族の疑問にお答えする、「まめコミ相談室」や、豊富なコンテンツで 育児を応援しています。
私たちは、お子さまの成長を一緒に見守れるようサポートしていきます。

お子さまはお一人お一人違います。
だから、ご家族が日々の育児でお持ちになる悩みや心配事、そしてその答えもそれぞれ違って当然です。

品質管理の徹底
雪印ビーンスタークの栄養士は、だからこそ顔が見える活動を心がけています。

全国にいる栄養士は、様々な場所でお会いする赤ちゃんとそのご家族、お一人お一人に合った方法を一緒に考えます。
品質管理の徹底
まめコミ相談室
まめコミ相談室
「まめコミ相談室」では、お電話でお話しする際やメールでのご質問に返信する際には、お子さまやご家族のお顔を思い浮かべて、少しでもお気持ちが軽くなっていただけるようにサポートします。

もちろん繰り返しご相談いただくことも出来ます。

どうぞ育児に関するお悩みや心配事は、ささいなことでも雪印ビーンスタークの栄養士にご相談ください。
赤ちゃんやご家族に寄り添ってまいります。

サステナビリティ 一人でも多くの赤ちゃん・女性のために
雪印ビーンスタークだからできること

育児向け商品を

お届けする雪印ビーンスタークだからこそできる、
赤ちゃんや女性のための活動を通じて
一人でも多くの方を
サポートしたいと考えております。

私たちは“ハートフルサポート活動”として、お子さまと女性のために行われる様々な運動を応援する社会貢献活動を展開しています。

また、低出生体重児用調製粉乳の製造販売や、先天性代謝異常の赤ちゃんのための代謝異常症用特殊粉乳(特殊ミルク)販売など、商品を通じた社会貢献にも取り組んでいます。

  • 『公益財団法人 日母おぎゃー献金基金』への参加
    『公益財団法人 日母おぎゃー献金基金』への参加
    おぎゃー献金は心身障がい児のための施設や心身障がいの予防や療育等に関する研究を補助するために使われています。当社では「ビーンスタークマム 毎日葉酸+鉄 これ1粒」の売上の一部と、対象商品に貼付されているポイントで応募できる「まめコミポイントキャンペーン」にて寄付を選択された方の人数に応じた金額を寄付しています。
  • 『日本乳がんピンクリボン運動』への参加
    『日本乳がんピンクリボン運動』への参加
    J.POSH®日本乳がんピンクリボン運動は、すべての女性に対する乳がん予防に関する情報発信と啓発活動、乳がんの患者さんやその家族への支援活動を展開しています。
    この運動に対して当社では、「ビーンスタークマム 赤ちゃんに届くDHA」の売上の一部を寄付しています。
  • 低出生体重児用調製粉乳の製造・販売
    低出生体重児用調製粉乳の製造・販売
    低出生体重児の発育管理に携わる先生方の指導のもと、栄養に関する多くの知見と母乳研究の成果から生まれた、「ビーンスターク PM」を医療機関に向けて製造・販売しています。
  • 特殊ミルクの販売
    特殊ミルクの販売
    特定のアミノ酸を正常に代謝するための酵素活性が先天的に欠損している疾患(先天性アミノ酸代謝異常症)の治療のための、代謝異常症用特殊粉乳(特殊ミルク)を販売しています。
    医師の処方箋に基づき、医療機関及び調剤薬局で取り扱われる医療用医薬品(薬価基準収載品)です。